パソコンを買う前にまずやるべきこと3選!

どういう目的で利用するのかを決める

初めてパソコンを購入する場合、なんの考えもなくいきなり家電量販店などに行って買うのは避けるべきです。というのは、そういう買い方をするとパソコンのスペックと用途がまったく合わない組み合わせになってしまい、結局、使いづらくなって放置したり、あるいは新しいパソコンを買わないといけなくなるからです。では、パソコンを買う前にどんなことを決めたり、あるいはやるべきなのでしょうか。
まず第一に、用途を確定させましょう。たとえば、今すぐでなくても、いずれ動画を取り込んで編集したいといった用途を考えているのであれば、動画編集をするという目的でパソコンを選ぶべきです。もちろん、ウェブサイトやSNSの閲覧と書き込みにしか使わないというのであれば、それを基準に選んでも構いません。

デスクトップ型かノート型か

第二にパソコンの形態を決めましょう。パソコンはデスクトップ型とノート型の二種類が存在します。デスクトップ型は、本体とモニターが分かれていることが多く、室内での利用が前提となっていて、スペックは高いですが持ち運ぶことはほぼ無理です。一方、ノート型は本体とモニターが一体になっていて、デスクトップ型と比べると小型で持ち運ぶことを前提として作られています。ただ、その分、デスクトップ型と比べるとスペックは劣ります。
第三に新品か中古かを決めましょう。中古でも構わないというのであれば、選べる価格帯とスペックは飛躍的に広がります。ただ、やはり中古は経年劣化による早期故障があり得るので、それを避けたいのであれば新品を購入した方がいいでしょう。