初心者が覚えておくべき!本当に知っていて損しないパソコンの選び方とは

パソコンの主な用途をはっきりさせる!

パソコンには様々な種類があり、見た目で選んだり、その時の気分で選んだりすると後悔することがあります。まずは、自分がパソコンを使って何をしたいのかをはっきりさせることが、パソコン選びでとても大切なポイントになってきます。
文章を書きたい、家計簿を付けたい、インターネットをしたいといった用途のパソコンであれば、安価なパソコンでもその役割を十分担うことができます。しかし、動画の編集や3DCGの制作、ゲーム等に使いたい場合、CPUやメモリ、グラフィックボードといったパーツの性能が低いとまともに動作しないことも珍しくありません。お店やインターネットショップに展示してあるパソコンには、必ずパーツの構成表も一緒に掲示してあるため、じっくり吟味して決める必要があります。

ノートパソコンとデスクトップパソコンの向き不向き

次に悩むところと言えば、ノートパソコンにするかデスクトップパソコンにするかです。それぞれにメリット、デメリットがあるため、これも用途に合わせて選択したいところです。
ノートパソコンのメリットは持ち運びできて省スペースだということです。使いたい時にサッと出して、使い終わったら畳んで置いておくことで邪魔になりません。デメリットは値段の高さとパーツの交換が難しいことです。デスクトップパソコンに比べて割高で、元々衝撃に弱いパソコンを持ち運ぶのですから、ぶつけたり落としたりといった事故の可能性もあります。壊れた部品の交換も自分でやるには難易度が高く専門店に修理依頼するしかありません。デスクトップパソコンはノートパソコンの逆で、それなりの値段で高性能なものが多く、ケースに守られているため頑丈さもあります。壊れた部品が簡単に取り換えられるので修理代も抑えられますが、場所を占有してしまう欠点があります。